Lincoln(リンカーン)

中小企業に適したカスタマイズバリエーションの豊富な基幹システム

Lincoln(リンカーン)は業務改善に役立つ機能を揃えております。 幅広い業種の基幹系システムに対応可能が可能です。 アジャイル開発と呼ばれる柔軟な開発手法により、基幹業務を機能ごとに分解して導入するため、既存業務の流れを壊さず基幹システムを導入できます。

業務知識を持つプログラマーが直接仕様の打ち合わせを行ってシステムを開発しますので早い、安い、使えるシステムが出来上がります。 また、豊富なコンサルテーション実績により、導入計画から稼働後の運用支援まで完全サポートさせていただきます。

こんなお悩みを解決します

  • 業務ごとにシステムを導入したためデータが業務間で繋がらない。
  • 自社の業務要件を満たすパッケージソフトが見つからない。
  • カスタマイズには多額の費用がかかる。
  • 業務改善策にマッチしたシステムが見つからない。

【Lincoln】基幹系システム導入を成功に導く3つのソリューション

アジャイル開発

 

シスコラでは「プログラミング工学」という独自のITエンジニア育成ノウハウを蓄積しています。シスコラ独自のプログラミング標準化技法により、従来のITベンダができなかった、中小企業の業務に沿った基幹システムの構築が可能です。

弊社の開発手法はアジャイル開発を導入しています。実際に活用できるか部署ごとに確認を行いながら作業を行います。段階的にシステムを導入していきます。

完全カスタマイズ

 

業務改善にマッチしたシステム提案をさせていただきます。お客様の業務に沿った基幹システムの構築が可能です。

カスタマイズのバリエーションが豊富な点も、アジャイル開発の強みです。

業務改善にマッチしたシステム提案 をさせていただきます。 お客様の業務に沿った基幹システム の構築が可能です。

コンサルテーション

 

豊富なコンサル実績に基づき、業務改善やIT活用の実践的なノウハウを保有しております。

どう強化・改善するのか、綿密な打ち合わせを行い、システム開発を行います。

導入計画から稼働後の運用支援まで完全サポートさせていただきます。

従来型基幹システムの課題

中小企業の業務に適した基幹系システムがなかった理由

中小企業では独自の生産工程を持っている場合が多く、既存の基幹系システムと実業務の乖離が起きるという問題がありました。そのため、独自の生産工程に適合したシステムをスクラッチ開発する場合、500万円から700万円程度の高額な費用が必要でした。

その他、表計算ソフトが業務に組み込まれており、業務の柔軟性が失われている問題や、社員のITスキルの問題、基幹業務が止まってしまうとビジネスに多大な影響が出るといった問題がありました。