お気に召さなければ、システム開発&構築の料金はいただきません

シスコラの強みは「強固な経営基盤を作り上げる」ためのシステム導入の手順と手法にあります。
「システム」、「業務」、「人」が一体となって成長・発展していくプロセスをお手伝いします。
システム開発方法論には、主客逆転、三現主義、知識創造の3つのキーワードがあります。

経営者「見える化革新」システム開発の基本ステップ特徴

・第1ステージ ( ステップ1〜3)
経営者との十分な話し合いを行い、システム化構想を検討します。
ステップ1〜3で貴社の経営基盤にマッチしたシステム導入体験を具体的に体験して頂きます。
・第2ステージ
第1ステージで導入させて頂いた、オリジナルシステムをご体験頂き、IT化によるメリットを充分にご理解頂きましてから、一般社団法人システムコラボ・マネジメントに入会して頂きます。そして、本格的なシステム開発導入を行いながら、業務改善と人材育成を図り経営革新を推進していきます。
IT導入フロー

「できる」と「使える」には大きな違いがあります。
「○○ができる」という理想的なシステムでなく、確実に「使えるシステム」を提供いたします。

 → → 具体的なの導入事例は、こちらから

システム開発方法論:主客逆転、三現主義、知識創造

・主客逆転
システムは日常業務に使われる大切な道具です。
システム開発の主導権はシステムコンサルタントやITベンダにあるのではなく、ユーザー側にあるべきであるというコンセプトです。

経営者から「情報技術(IT)のことはさっぱりわからない」という声をよく耳にしますが感性や感覚ではなく理性と理屈で考えれば情報技術の活用は実は驚くほど簡単です。
システム開発は「家づくり」にたとえることができます。
日本では昔から「家づくりは三度行わないと満足できない」と言われているようにそれだけ「家づくりは難しい」という比喩が含まれています。
システムも同様です。
職場は社員全員が「暮らす家」です。
その設計を第三者の専門家に委ねるのではなく、自分たちが主役になって設計し、施工についても積極的に関わることが必要です。

・三現(現場、現実、現物)主義
大企業のアプローチはあるべき姿を実現するためにITを導入いたしますが、中小企業のアプローチでは、現状業務をベースにIT化を行うことが最も重要と考えます。

いままで中小企業にITを導入する方法論は、大企業では当たり前に行われている経営戦略を重視する分析的アプローチが暗黙の前提に置かれていました。
しかし、中小企業と大企業は「お家事情」が異なります。
シスコラは、日常業務にITを活用し生かし切れていない段階なのに、戦略を大上段に振りかざし、愚直に業務プロセスを再設計しようとする行為自体がIT導入の失敗の原因だと考えます。
シスコラが提案する戦略はストーリー展開型アプローチです。
しっかり現場に腰を据えて粘り強く改善を実施していくために、日本のものづくりの精神である三現主義(現場、現実、現物)の考え方をIT導入に取り入れています。

・知識創造
大まかな方向性に向かって、今!直面している半歩先のシステムを作り込みます。
システムづくりは新たな道具を社内に導入するプロセスです。

ITは日常業務において使われる道具であると同時に、業務改善に使われる道具でもあります。
シスコラが提案する業務改善プロセスには3つの組織学習が組み込まれています。
それは、
 ①日常業務に適用する道具を学び、
 ②道具を使って日常業務を改善する方法を学び、
 ③隣接業務に道具を適用する方法を学ぶことです。
組織学習は社員が知恵を出し合って学ぶことですから業務改善が進めば進むほど組織能力のレベルも上がっていくことになります。
組織の潜在能力が高まれば、いままできなかった新たな展開ができるようになります。

 → → 具体的なの導入事例は、こちらから