入会および退会規則

この規則は、定款「第2章会員」の規定に基づき、一般社団法人システムコラボ・マネジメント(以下「当会」という。)の入会および退会について定める。
平成24年4月6日 作成、平成24年5月12日 施行

一般社団法人 システムコラボ・マネジメント 入会および退会規則

    ・(目的)
    第1条 この規則は、定款「第2章会員」の規定に基づき、一般社団法人システムコラボ・マネジメント(以下「当会」という。)の入会および退会について定める。
    ・(会員の種類)<定款第6条>            ページのトップへ戻る 

    第2条 会員は、当会の目的に賛同して入会した個人および法人等(任意団体、個人事業者を含む、以下「法人等」という。)とし、以下の種類の会員を置く。
    (1) 正会員
    当会の目的に賛同して入会した法人等で一般社団法人および一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員
    (2) 賛助会員
    当会の事業を賛助するため入会した法人等
    2 正会員は、定款第4条2項に定める「経営情報システムの開発・改善および保守・運用事業」のサービスを受けることができる。

    ・(入会)<定款第9条>               ページのトップへ戻る 

    第3条 当会の会員となるには、別に定める入会申込書に推薦を受けた会員の記名または署名および押印を受け、当会に提出し、理事会の承認を得なければならない。
    2 法人正会員は,その代表として当会に対しその権利を行使する者1名(以下「正会員代
    表者」という。法人登記上の代表者たることは要しない)を定め,当会に届け出なければならない。
    3 正会員代表者を変更した場合は、速やかに別に定める変更届を当会に提出しなければならない。

    ・(入会金および会費)<定款第8条>         ページのトップへ戻る 

    第4条 当会の会員は以下区分に従って入会金および、年会費を納めなければならない。
    (1) 正会員                              
    別途定める入会金および会費に関する規則(以下「会費等規則」という。)に定める正会員の入会金および年会費
    (2) 賛助会員
    別途定める会費等規則に定める賛助会員の入会金および年会費

    ・(特典)                      ページのトップへ戻る 

    第5条 会員には以下の特典を付与することが出来る。
    (1)当会の研究・調査報告書等の配布(有償又は無償)
    (2)当会主催のシンポジウム、研修等への参加
    (3)当会主催のセミナへの優待料金での参加
    (4)講演・講師としての派遣
    (5)専門書の出版および専門誌への投稿掲載等の支援
    ただし会員種別、その他条件に対する特典の詳細については、個別に理事会において、決定する。
    2 法人会員の特典において、研修会等への参加者はその所属者2名までとする。
    ただし、賛助法人会員の特典については、その口数を乗じた人数とする。

    ・(会員名簿)                   ページのトップへ戻る 

    第6条 入会後遅滞無く当会員の種別ごとに、氏名又は名称および住所を記載し、又は記録した名簿(以下「会員名簿」という。)を当会の主たる事務所に電磁的記録により保管する。
    2 当会は当該名簿について、個人情報として、外部に洩れないよう厳重に管理するものとする。

    ・(任意退会)<定款第11条>            ページのトップへ戻る 

    第7条 会員は、理事会において別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。ただし、1ヶ月以上前に当会に対して、理由を添えて申し出るものとする。

    ・(会員の除名)<定款第12条>          ページのトップへ戻る 

    第8条 会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上にあたる多数によって当該会員を除名することができる。
    (1)定款その他の規則に違反したとき。
    (2)当会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
    (3)その他の除名すべき正当な事由があるとき。

    ・(会員資格の喪失)<定款第13条)>        ページのトップへ戻る 

    第9条 前2条の場合のほか、会員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
    (1) 会費の納付が3ヵ月以上遅延したとき。
    (2) 総正会員が同意したとき。
    (3) 当該会員が死亡し、又は解散したとき。

    ・(会員資格喪失に伴う権利および義務)<定款第14条>ページのトップへ戻る 

    第10条 会員が前3条の規定によりその資格を喪失したときは、当会に対する会員としての権利を失う。正会員については、一般法人法上の社員としての地位も失う。
    2 当法人は、会員がその資格を喪失しても、既納の入会金、会費その他の拠出金品は、これを返還しない。

    ・(その他遵守すべき事項)              ページのトップへ戻る 

    第11条 本規則の他、会員制度に関する運用は、「第2章 第2節 社員」および定款の「第2章 会員」並びにその他関連する法令・規定に従うものとする。

    ・(規則の改正)                   ページのトップへ戻る 

    第12条 この規則を改正する場合には、社員総会の承認を得なければならない。

    ・(管轄裁判所)                   ページのトップへ戻る 

    第13条 本規則に基づく契約に関わる当会と会員間の一切の紛争は、当会の主たる事務所または従たる事務所を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに当会と会員は合意するものとする。

    附則
    この規則は、当会の創立社員総会において承認後、施行する。

    ・附則                        ページのトップへ戻る 

    この規則は、当会の創立社員総会において承認後、施行する。

    平成24年4月2日:作成
    平成24年5月12日:施行

定款及び、入会金および会費に関する規則

定 款
入会金及び会費に関する規則